首藤健二郎の"しらしんけん"レポート

2016年8月某日
第198回 稲積水中鍾乳洞

日本最長の水中鍾乳洞といわれる豊後大野市の稲積(いなづみ)水中鍾乳洞。

2億年以上前にでき、10万年ほど前の阿蘇山の大噴火で水没して現在の形になったとされる。気の遠くなるほどの時間を経て今がある事を思えば、目の前に広がる水中の鐘乳石や珊瑚石など、すべてが神秘的だ。

洞内は年間を通じて16度。真夏に訪れても、冷気がひんやりと肌に触る。外の音は届かず、天井からの水滴が耳に入り、滴り落ちてくる。
この鍾乳洞が発見されたのは昭和51年。「田んぼの池の底は洞窟なんじゃないか。」という地元の噂を、専門ダイバーによる調査で検証し発掘されたのだ。

一般公開されているルートは二手に分かれており、それぞれの長さが約300m。
全長は推定で1キロ以上だそうだ。一昨年の潜水調査では、さらに約300m奥まで確認された。その最奥部に新たな空間があり、そこから奥につづく鍾乳洞も見えたという。まだまだ未知の世界なのだ。

現在の姿なんてほんの一瞬に過ぎない。
「今を”しらしんけん”に生きよう。」
底まで見えそうで見えない水中を眺めながら、ふとそう思った。

今回は「豊後大野市」からでした

首藤健二郎しらしんけんレポート

プロフィール

首藤健二郎

ご存じ、大分のスーパースター!
大分県立竹田高校を卒業後、早稲田大学に入学。在学中よりタレント活動を開始する。
「君のハートにナイトイン」をはじめ、大分で数々の人気番組を生んできた。
テレビ・ラジオ番組を始め、CM・各種イベントにもひっぱりだこ。

[ 出演情報 ]
大分放送テレビ : 「おおいた捕物帳」
大分放送ラジオ : 「HAMARooooN!!ステーション」
その他、多数


▲ ページの先頭へ戻る